2008年04月30日

それをチャレンジと呼ぶ。

伊達公子が現役復帰。

テニスファンとしてはうれしい限り。

思わず復帰戦観戦に応募してしまった。
そして見事に抽選をクリアしてしまった。

ナマで見る伊達公子。

あかん、
めっちゃカッコいいやん。

試合勘はまだまだ戻ってないカンジだったけど、
テンポの速いライジングショットは健在だった。

キャリアの絶頂期にして惜しまれつつ引退したのが12年前。

彼女のエッセイにはその経緯が書かれていて、
それまでものすごく残念だと思っていた彼女の引退が、
真っ直ぐな彼女にとって避けられないものだったのだと納得できた。

そんな彼女の現役復帰。

一度やめたら終わりではなく、
やりたくなったらまた始める。

自分の中に起こる衝動を大切に生きるスタンスには共感を覚えます。


posted by カズ at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 由無し事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。